>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2017年 >  第14週3月27日から4月2日まで

ヤマザクラ

ヤマザクラ(18k)

2017年04月02日 横浜市港北区 lat:35.50610,long:139.63719

チューリップの赤い花が咲き並ぶ花壇に沿って菊名桜山公園へ入るとヤマザクラが花を開いていた。 寒さが続いて今はまだヤマザクラの時期。 この木は香りが強く、 花が開くと甘い香りが周囲を満たす。

 

ヨコハマヒザクラ

ヨコハマヒザクラ(18k)

2017年04月01日 横浜市鶴見区 lat:35.50871,long:139.64941

馬場花木園では、 ヨコハマヒザクラが見頃になっていた。 おおぶりの薄桃色の花びらが押し合って咲いている。 子雨で少しうつむいているのは仕方がない。 晴れていれば、 横を向いて、 もっと堂々とした姿になる。 休憩所の裏手にある木と奥の広場の木の咲きっぷりが両方とも見事。 裏手に 2 本の木が重なって見える見物スポットがあって、 ベンチが置いてある。

 

コブシ

コブシ(18k) 29日撮影

2017年03月31日 横浜市神奈川区 lat:35.47884,long:139.62900(29日撮影)

白い花びらを広げるコブシ。 本来なら、桜の開花を連れてくる花。 3 月は冷えこんだ日で終わろうとしている。 桜の花はまだ少ない。

 

ヨコハマヒザクラ

ヨコハマヒザクラ(18k)

2017年03月30日 横浜市中区 lat:35.44307,long:139.63793

関内駅の改札から出て行く人々を満開のヨコハマヒザクラが見下ろしている。 鳥が花をつついていったりきたりしていて、 つつくごとに花びらがヒラリと落ちる。 横浜スタジアムの公園に植えてあるヨコハマヒザクラも満開で、 一足先に春気分だ。

 

ヨコハマヒザクラ

ヨコハマヒザクラ(18k)

2017年03月29日 横浜市神奈川区 lat:35.47641,long:139.62623

ヨコハマヒザクラに花が増えた。東横フラワー緑道に逆円錐形の薄桃色で膨らんだ木が並ぶ。週末から続いた寒波は少し和らいで、 手袋をせずに外を歩いても平気だった。

 

ナノハナ

ナノハナ(18k) 25日撮影

2017年03月28日 横浜市鶴見区 lat:35.52127,long:139.64291(25日撮影)

獅子ケ谷の角をナノハナの花が埋めている。 ナノハナが咲いていると、蜂が蜜をとって回る姿を思い浮かべるものだけど、 寒いせいか蜂はいないようだった。

 

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(18k)

2017年03月27日 横浜市神奈川区 lat:35.49172,long:139.62862

昨日からの冷え込みの中、 降り続いていた雨が夕方前に止んだものの、 寒いのは相変わらず。 冬の寒さに戻っているが、 ソメイヨシノが花を少し開いていた。 この木は見渡した限りでは、 この花が一つ咲いているだけだ。 篠原池の入り口にある大きな枝垂れ桜も少し花を開いて、 寒緋桜は花の終わりが近い。 寒さが引いたら春が訪れるのだろう。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanaga-Ku, Yokohama-City, Japan