>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2017年 >  第17週4月17日から4月23日まで

花見

花見(18k)

2017年04月23日 横浜市港北区 lat:35.50617,long:139.63661

ソメイヨシノ満開の日曜日が嵐で花見どころでなかったけれど、 花見をする機会はもう一度、 八重桜が満開になったら巡ってくる。 ソメイヨシノや山桜だけでなく、 八重桜も公園に植え込んでおくと、 春に何度も花見をすることが可能。 菊名桜山公園は、 山桜で花見をする姿があった 2 週間前に続いて、 今日もまた花見客であふれていた。

 

藤(18k)

2017年04月22日 横浜市鶴見区 lat:35.49817,long:139.64486

小学校の裏手に小さな植木鉢が置いてあって、 そこに藤の花が垂れ下がっている。 地面に近い方が暖かいらしくて花がいっぱい開いている。 それに対して、 あちらこちらにある藤棚に房が花で飾り立てられるのはもう少し日数がかかりそうだ。

 

里桜

里桜(18k)

2017年04月21日 横浜市港北区 lat:35.50571,long:139.63629

憩いのひとときを満喫する犬達にかぶさるように里桜。 夕方の菊名桜山公園は人を引き綱で連れてきた犬のご一行が身を寄せ合って何やら思案する場になっている。 丘の上を覆っている里桜が満開を迎え、 夕方の海風にまかせて枝を振り回している。 見た目がふわふわしているだけでなく、 香りも甘い。

 

ウラシマソウ

ウラシマソウ(18k) 16日撮影

2017年04月20日 横浜市鶴見区 lat:35.50280,long:139.64836(16日撮影)

桜の花の季節の足元にはウラシマソウ。 東寺尾ふれあいの樹林にも繁殖している。 仏炎苞が出て、 糸を長く垂らしてハエを釣っている。 関東ロームの丘の上の雑木林を好むらしく、 横浜の数ヶ所に群れている。 そのような場所では、 遊歩道の脇にもたくさん繁殖していて、 ありふれた植物になっている。

 

富士山

富士山(18k)

2017年04月19日 横浜市港北区 lat:35.50434,long:139.63847

夕暮れに富士山がくっきりと空にシルエットを作った。 ここのところ、 手前の丹沢でさえ靄に霞んでしまっていた日が続いていただけに、 晴れ渡った西空が気持ちよい。 昼間の気だるさを誘うような暑さが夜になると引いてひんやりしてきた。

 

桜(18k) 15日撮影

2017年04月18日 横浜市都筑区 lat:35.51945,long:139.59978(15日撮影)

江川の散策路の桜並木は港北インターの交差点でいったん終わる。 ゆっくりと水路を流れていく桜の花びらを眺めながら散策路をたどっていくと、 川筋が曲がったとたんにソメイヨシノの並木が目に飛び込んでくる。

 

桜(18k) 15日撮影

2017年04月17日 横浜市都筑区 lat:35.52054,long:139.59063(15日撮影)

江川せせらぎ道のイケアの近くでは、 土手の片側にだけソメイヨシノが並んでいる。 高さが揃っているため、 巨大な桜屏風になっていて見事だ。 そこは港北インターのすぐ近く。 3月に開通した横浜北線のジャンクション側へ高速道路の出入り口が変わったが、 土曜日の朝早くには車の流れに影響はほとんどないように見えた。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanaga-Ku, Yokohama-City, Japan