>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2017年 >  第47週11月13日から11月19日まで

イチョウ

イチョウ(18k)

2017年11月19日 横浜市神奈川区 lat:35.48432,long:139.60148

うさぎ山公園の円形広場を囲む何本ものイチョウの木は順に黄色になっていく。 既に葉を落とした木があり、 今、 黄色の盛りを迎えている木がある。 緑のままの木もある。 今、 綺麗な黄色になっている木は広場を挟んで 2 本。 両方とも葉を落とし始めて、 木の下に黄色の絨毯が広がりだしていた。

 

ヒイラギ

ヒイラギ(18k)

2017年11月18日 横浜市港北区 lat:35.51010,long:139.63329

道を歩いていると、 ヒイラギの花の香りが風に運ばれてくる。 姿が見当たらないので庭に植えてあるのだろう。 ヒイラギが連勝寺にあったのに思い当たり足を運んでみたら、 控えめな甘い香りを漂わせて白い花を葉の合間に開いていた。 若いヒイラギの木のようで、 葉は絵に描いたように尖っている。

 

紅葉

紅葉(18k)

2017年11月17日 横浜市港北区 lat:35.50073,long:139.63263

菊名池の南側に色づくのが早いモミジが一本ある。 左右にさらに数本のモミジが並んでいて、 順番に赤く染まっていく。 さらに、 池の北側に一番遅く色づくモミジがある。 この池は一斉に紅葉しないので派手さはないが、 長く紅葉を楽しむことができる良い場所だ。

 

小菊

小菊(18k) 11日撮影

2017年11月16日 横浜市鶴見区 lat:35.50953,long:139.64959(11日撮影)

馬場花木園に植えてある小菊は、 朝晩、 冷えてきて花同士でおしくらまんじゅうをしている。 暖まるのだろうか。 花が密集していても茎の長さが不揃いなのが多いが、 ここの小菊は花を揃えて開いている。 どうすればこうなるのだろうか。 不思議だ。 こうなる品種なのだろうか。

 

皇帝ダリア

皇帝ダリア(18k)

2017年11月15日 横浜市港北区 lat:35.50087,long:139.63320

菊名池の皇帝ダリアに花が一つ咲いていた。 今シーズンの妙蓮寺から菊名にかけて一帯での、 一番手の皇帝ダリアの花だ。 つぼみがたくさん膨らんでおり、 次第に花が増えることだろう。 菊名池の近くに皇帝ダリアが植えてある、 妙蓮寺の花壇、 菊名桜山公園、 菊名法隆寺近くの JR の線路フェンスの 3 ヶ所も回ってみたが、 他はまだ開花していなかった。

 

おとめ座

おとめ座(18k) 12日撮影

2017年11月14日 横浜市中区 lat:35.45109,long:139.64768(12日撮影)

「スーパースター・ヴァーゴ」は舳先に絵が描かれたクルーズ船の一つ。 舳先近くに、 おとめ座を意識した女神の絵があしらってある。 「ダイヤモンド・プリンセス」の女神像が抽象画なのに対して、 こちらはディズニー・アニメを思わせる。 女神から麦の穂が後ろへ流れている。 おとめ座と麦の穂にどのような関係があるのかは謎だ。

 

トマソン

トマソン(18k) 12日撮影

2017年11月13日 横浜市中区 lat:35.45093,long:139.64752(12日撮影)

クルーズ客船にもトマソンがあるらしい。 「スーパースター・ヴァーゴ」とアルファベットで描いてあったものが浮き彫りになって残っていて、 そこに被せるように今のペイントが施されている。 以前は英語表記だけだったのが、 今は英語に中国語を併記してある。 ちょっと前の写真によると、 星の煌めきのペイントは以前なかったらしい。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan