>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2017年 >  第50週12月4日から12月10日まで

紅葉

紅葉(18k) 9日撮影

2017年12月10日 横浜市神奈川区 lat:35.47416,long:139.60529(9日撮影)

三ツ沢の豊顕寺市民の森には背の低いモミジの木も生えており、 この森の主役の大木の落葉樹達が葉を落とす頃に手頃な高さで紅葉を始める。 春から秋までは薄緑色の葉をいごこち悪そうに日陰に広げているのが、 冬の始まりに赤く染まった葉に日が当たるようになる。

 

紅葉

紅葉(18k)

2017年12月09日 横浜市神奈川区 lat:35.47452,long:139.60591

三ツ沢の市民の森の地面はすっかり枯葉で覆われ、 モミジとウルシが紅葉の最後を飾っていた。 ここの枯葉にモミジが加わると、 いよいよ冬本番の寒さが訪れる。 だいぶ寒くなってきた。 今朝は富士山と丹沢連峰がくっきりと見え、 丹沢の山々も雪化粧されているのが見えていた。 朝晩に息を吐くと白くなる。

 

紅葉

紅葉(18k) 3日撮影

2017年12月08日 横浜市港北区 lat:35.50764,long:139.59771(3日撮影)

太子堂に上がる表階段は昨年改修されるまで10年以上封鎖されて壊れたままだった。 階段の横に大きく見事に枝を伸ばしているモミジの木があるのだけど、 階段が封鎖されている間は裏から眺める他なかった。 綺麗になった階段の途中まで降りて、 見上げる。 そこには想像を上回る素晴らしい紅葉が広がっていた。

 

紅葉

紅葉(18k) 3日撮影

2017年12月07日 横浜市港北区 lat:35.50764,long:139.59776(3日撮影)

愛宕さんの裏手から紅葉のトンネルを抜けて進んでいくと、 太子堂の裏手に出る。 その間、 紅葉が見事なのだが、 日陰な上に冬至が近くて光がか弱い。 肉眼で楽しむには申し分ないのだが、 カメラに収めるには難しい情景が続く。 太子堂で、 日当たりが回復して、 午後になると、 のびのびと枝を伸ばして光に輝く紅葉が現れる。

 

紅葉

紅葉(18k) 3日撮影

2017年12月06日 横浜市港北区 lat:35.50749,long:139.59890(3日撮影)

小机駅の南側の小山が紅葉の名所になっている。 愛宕さんの階段を登って紅葉のトンネルをくぐってしばらく進むと太子堂に出る。 短い道中だが、 紅葉が途切れることはない。 愛宕さんは小さな祠で、 前も後ろも紅葉の木で囲まれている。 祠の前の紅葉が堂々として見事だし、 裏手の屋根にかかるように枝を伸ばす控えめな木も雰囲気が良い。 日曜日の午後、 愛宕さんの祠で稚児3人が遊んでいて、 人が通りかかるごとに明るい声で「こんにちわ」と挨拶して可愛かった。

 

紅葉

紅葉(18k) 2日撮影

2017年12月05日 横浜市鶴見区 lat:35.50962,long:139.64967(2日撮影)

馬場花木園には立派なモミジとカエデが何本も植えてある。 ご近所の紅葉狩りにちょうど良い。 日陰の紅葉も、 日向の紅葉も、 よりどりみどり。 中でも、 大きなモミジいっぱいに日が当たっている姿が素晴らしい。

 

紅葉

紅葉(18k) 2日撮影

2017年12月04日 横浜市鶴見区 lat:35.50858,long:139.64969(2日撮影)

馬場花木園の正面口へ向かって道路を進んでいくと、 美しく色づいたモミジの木が見えてくる。 生垣の奥に大きなモミジが赤く染まり、 生垣の手前につつましい大きさのモミジがこれまた赤く染まっている。 大モミジの向こうが工事中でうるさいのか、 寒さでどこかに行ったのか、 カラスはおらず、 モミジの葉を飛ばされることはない。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan