>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2018年 >  第13週3月26日から4月1日まで

馬場のサクラ

馬場のサクラ(18k) 3月31日撮影

2018年04月01日 横浜市鶴見区 lat:35.50879,long:139.64920(3月31日撮影)

馬場花木園は、 これから5月初旬まで、 いくつもの種類の桜が代わる代わる咲いていく。 土曜日に美しかったのは池の畔のソメイヨシノと丘の上に色付けしている別の種類の桜だ。 中でも、丘の上の桜が美しく、 しかも花びらをさぁっと風に乗せてばらまいて、 見上げると桜吹雪になっていた。

 

寺尾のサクラ

寺尾のサクラ(18k)

2018年03月31日 横浜市神奈川区 lat:35.50006,long:139.64836

寺尾の丘公園の急階段の上に日に白く輝く桜の木が一本植えてある。 丘の途中にも数本あって、 そちらも見頃だった。 驚いたことに、 他では花がとうに散ってしまっていたヨコハマヒザクラがまだ見頃だった。 せっせと階段を登ってみたところ、 丘の上の桜はソメイヨシノではないようで、 ヤマザクラかと思っていたら、 葉がついていないので違うみたいだ。

 

太尾のサクラ

太尾のサクラ(18k)

2018年03月30日 横浜市港北区 lat:35.52142,long:139.61731

西日が照らすと綺麗な桜並木が鶴見川の堤防にある。 長い並木で、 とんでもなく本数が多い。 さらに、 そこから途中が途切れて新横浜の鳥山川の堤防の桜並木へつながっていく。 鳥山川の方はだいぶ散っていたが、 鶴見川の方は半分ほどが満開だった。

 

菊名のサクラ

菊名のサクラ(18k)

2018年03月29日 横浜市港北区 lat:35.50822,long:139.63559

菊名の横浜線の横に桜の並木がある。 並木といえば横から眺める配置が多いのだが、 ここは奥へ数本の桜が並ぶのを正面から捉える。 三叉路の空き地をうまく利用してある。 桜が重なって、 巨大な綿が浮かんでいるかのようだ。 踏切が開くまで眺めていて飽きない。

 

岸根のサクラ

岸根のサクラ(18k)

2018年03月28日 横浜市港北区 lat:35.49606,long:139.61691

桜が満開になった。 日曜日に少し花がまばらに感じた木々が、 見違えるほどに豊かに花で身を包んだ。 岸根公園の池の桜も満開になって、 わずか数日の差なのに、 見た目がまったく違っていた。 池の奥に並んで植えてある桜の並木が見事だ。 背が伸びて、 上から下まで伸び伸びと枝を広げ、 枝という枝を花が囲んでいる。 並木を正面から眺めるテラスでは花見が始まってビールの匂いがこもっていた。

 

江川のサクラ

江川のサクラ(18k) 3月26日撮影

2018年03月27日 横浜市都筑区 lat:35.51881,long:139.58587(3月26日撮影)

両側の土手の上から長く枝が伸びて桜天井になる江川せせらぎの道。 昨日の日が暮れる直前にかろうじて間に合ってぶらりと散策してきた。 少し花がまばらでつぼみの多さから数日早かったようだ。 水曜日か木曜日あたりが見頃ではなかろうか。

 

サクラ

サクラ(18k) 3月25日撮影

2018年03月26日 横浜市神奈川区 lat:35.49452,long:139.64645(3月25日撮影)

桜の満開間近。 日曜日は東へ西へと近場の桜の綺麗な公園から公園へと渡り歩いてみた。 つぼみが目立ち、 開いたばかりの花が綺麗だった。 大口駅すぐ近くの公園の桜は、 数年前の剪定から枝がだいぶ伸びて、 以前ほどではないにしても、 入江川の水路の上に覆い被さるように花を開く感じまでは回復した。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan