>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2018年 >  第19週5月7日から5月13日まで

シャクヤク

シャクヤク(18k) 12日撮影

2018年05月13日 横浜市鶴見区 lat:35.50874,long:139.64882(12日撮影)

馬場花木園のシャクヤクに見頃が過ぎた花が増えてきた。 それでも、 日陰に状態の良い花が残ってはいる。 つぼみもあって、 見納めというわけではなさそうだった。 ボタンとシャクヤクの花から受ける印象の違いの原因はどこにあるのか。 見た目は良く似ている。 案外、 ボタンとはこうで、 シャクヤクはこう、 という先入観で印象が変わって見えているだけなのかもしれない。

 

サギ

サギ(18k)

2018年05月12日 横浜市鶴見区 lat:35.50883,long:139.64934

馬場花木園の池は、 冬の間は水面がむき出しになり、 夏に蓮の葉が覆う。 蓮が葉を浮かべ初めて、 夏の池の姿へと変わり始めた。 サギが一羽、 池の中で安んでいて、 ときどきくちばしを池の中に突っ込むたびに丸い波紋が広がって、 蓮の葉の間を抜けていった。

 

ブラシノキ

ブラシノキ(18k)

2018年05月11日 横浜市神奈川区 lat:35.47672,long:139.62200

赤いブラシの毛の先に小さく黄色が光る。 ブラシノキの花の赤い毛はおしべで、 中に白い毛が一本伸びているのがめしべ。 花びらは退化してしまっているのか、 最初からないのか。 形もそうだが、 しべだけが伸びる作りもおもしろい花だ。 今週前半の嵐はおさまって、 過ごしやすい涼しい日になったが、 明日から暑くなるそうだ。

 

ノハナショウブ

ノハナショウブ(18k) 6日撮影

2018年05月10日 横浜市神奈川区 lat:35.47755,long:139.62727(6日撮影)

三ツ沢せせらぎ道へつながる散策路の入り口は、 ノハナショウブの葉が茂っている。 花は葉の中に沈むように咲く。 小柄でかわいらしい花だ。 花びらのつけねは黄色で、 それもしっかりした黄色に染まっている。 それ以外は白一色。

 

大文字草

大文字草(18k) 3日撮影

2018年05月09日 横浜市鶴見区 lat:35.50944,long:139.64947(3日撮影)

馬場花木園で、 初夏の花、 大文字草が開いているのを目にしたのは 1 週間前のこと。 風に細い茎が揺れて、 虫のような形をした花がふらふらと飛び回っているかのようだった。 ここのところ気温の上下の振れが激しい。 摂氏 28 度まで上がる日があったというのに、 昨夜から摂氏 15 度を下回っている。

 

武者人形

武者人形(18k) 5日撮影

2018年05月08日 横浜市鶴見区 lat:35.52180,long:139.64277(5日撮影)

子供の日の横溝屋敷は、 外は鯉のぼり、 内に武者人形が飾ってあった。 何体か並んでいて、 鎧は朱色か金色のどちらかだった。 兜の飾りはどれも金色。 そういえば、 子供の頃に作った兜のプラモデルも飾りは金色だった。 人形の前にチマキとカシワ餅の形の模型をお皿に持って飾ってあった。

 

鯉のぼり

鯉のぼり(18k) 4日撮影

2018年05月07日 横浜市神奈川区 lat:35.50011,long:139.59371(4日撮影)

大きな鯉のぼりがお腹を上にして横に広げてあるのが道路から見えていて不思議だった。 そこの向かいに階段があって、 下に降りることができる。 川から見上げたときに背中が見えるようにと、 上下を逆さまに飾ったのだろう。 ならば、 上から見下ろすと川面に写り、 川の中に鯉のぼりが泳いでいるように見えるかもしれないと、 ぐるりと回って見た。 もしも、 川に鯉が放流してあったなら、 競演になってさらにおもしろい姿になっただろうに。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan