>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2018年

ロウバイ

2018年01月18日 ロウバイ 横浜市鶴見区 lat:35.52166,long:139.64260

横溝屋敷の庭の外でロウバイの若木が開花していた。 横溝屋敷を含む獅子ケ谷一帯では、 梅の木と杏の木にウィルスが広がり、 昨年春に防疫のため、 ほとんどの木が伐採された。 伐採後、 感染拡大防止のため、 たしか 5 年間、 新しく梅と杏を植えることができない。 ロウバイが植えてあるのは、 ロウバイは名前に梅とあるけど、 別の種類の植物で梅のウィルス感染とは無関係だから。

戌凧

2018年01月17日 戌凧 横浜市鶴見区 lat:35.52182,long:139.64288

横溝屋敷の三和土への入り口の両側に干支をあしらった和凧が今年も飾ってあった。 両側の大きな凧に「戌」の字がある。 左の大凧が字だけで、 右の大凧に字と犬の絵が描いてある。 小さな凧のバックの模様は毎年変わらず、 今年は犬の絵が重ね書きしてある。

創作門松

2018年01月16日 創作門松 横浜市鶴見区 lat:35.52173,long:139.64303

横溝屋敷の門の両脇を創作門松が固めている。 ロケットの第一段の回りをブースターで囲んだようだ形に大胆に青竹を配置して、 松葉を差し込んである。 毎年、 恒例の飾り付けであるが、 今年はロウバイの枝がさしてない。 赤い実はナンテンではなかった。 上の松葉と一緒にナンテンの枝がさしてあったが、 実はついてなかった。

氷の池

2018年01月15日 氷の池 横浜市鶴見区 lat:35.52045,long:139.64714

獅子ケ谷の丘の北側の裾に池がある。 この池は冬の寒さが厳しくなると氷が一日中融けない。 池の南側の丘の斜面が伐採されて薄暗さがなくなったものの、 それでも日が差し込まないのは同じで、 なんとなく開放的になっているのに、 池に氷が蓋をしていた。

2018年01月14日 蕾 横浜市鶴見区 lat:35.50919,long:139.64909

馬場花木園のソシンロウバイは、 開花していなかった。 少しほどけている蕾もあることはあるものの、 固く丸まった蕾ばかりだった。 花が少ない中、 立派なカメラを構えた人が池を囲んでいた。 水鳥が目当てのようだが、 姿がない。 池のほとりの梅の木のてっぺんにカラスが一羽乗っかっているだけだった。

夕富士

2018年01月13日 夕富士 横浜市港北区 lat:35.50438,long:139.63847

夕暮れの西空は雲一つなく、 富士山の整ったスカイラインが茜色を切り取っていた。 茜色は地平線が最も明るく、 高く上がるにつれて暗くなっていく見事なグラディエーションを魅せる。 富士山と丹沢の稜線が明瞭で、 まるで黒紙を切り抜いた影絵のようだ。

祐天地蔵

2018年01月12日 祐天地蔵 横浜市神奈川区 lat:35.48727,long:139.62429

六角橋の三叉路にある祐天地蔵はお堂に電気が灯り、 立派なストーブが鎮座している。 六角橋の地と祐天上人がどのような由来があったのか、 はっきりしない。 お寺ではなく、 地蔵堂になった理由も不明だ。 街中に溶け込むように、 ひっそりとした場所で大切にされている。

寒梅

2018年01月11日 寒梅 横浜市神奈川区 lat:35.47155,long:139.63239

滝の川に伸びる寒梅の枝にも花がいくつか開いていた。 道側の枝は切り落とされ、 道から向こうの川へ向かって枝が伸びて、 花もそっちに咲いている。 川に浮かぶ水鳥達からの方が花が見えていることだろう。

寒梅

2018年01月10日 寒梅 横浜市神奈川区 lat:35.47766,long:139.63059

花が増えたソシンロウバイの木の近くで寒梅が開花していた。 寒梅の木は2本ある。 ソシンロウバイの横に並んで植えてある小さな若木と、 ソシンロウバイを上から守るように枝を伸ばす大きな木。 両方の木が開花していた。

夕富士

2018年01月09日 夕富士 横浜市港北区 lat:35.50426,long:139.63845

この時期は年で日の出が一番遅い。 晴れていても朝が暗めに感じるのに、 今朝は曇り。 薄暗い朝だった。 夕方に青空になったら、 今度は風が激しく吹き出した。 気温は下がってないようで、 風の強さのほどには寒く感じることはなかった。 夕焼け空の下に、 雲をまとった富士山の姿があった。

茶の花

2018年01月08日 茶の花 日南市 lat:31.62803,long:131.35301

飫肥のお茶の木は年越しの花とつぼみがたくさんあって、 三が日にぶらりと町を歩くと、 当たり前のように白と黄の花を見て回ることができた。 モミジの紅葉は終わっていて、 朝に霜柱が地面から伸びており、 例年より寒い年明けだった印象があるものの、 お茶の花の数だけが多かった。 寒梅の開花は遅く、 6日に振徳堂で寒紅梅の花を一つ見ただけだった。

練習機

2018年01月07日 練習機 宮崎市 lat:31.87308,long:131.44186

宮崎空港の屋上デッキに展示してある練習機は機体下から照明されて、 浮かび上がっているように見える素敵な演出をしてある。 さらに、 床に滑走路のように発光ダイオードの線が描いてある。

古い酒谷川

2018年01月06日 古い酒谷川 日南市 lat:31.62625,long:131.35619

江戸時代が始まって50年後ほど経った頃の地図によると、 当時の城下の東端の道は八幡様へ上がる道だったそうで、 その東すぐを斜めに酒谷川が伸びているように描いてある。 その古い川筋は今も残っているようで、 水路になって町の中を伸びているらしい。

稲荷神社

2018年01月05日 稲荷神社 日南市 lat:31.62293,long:131.36104

稲荷神社の本殿の柱、 左右それぞれに、 木彫りの面がとりつけてある。 表参道は長くまっすぐな石階段だけで、 稲荷神社にありがちな鳥居の連なりがない。 さらに、 柱の木彫りの面の存在がある。 本土の稲荷神社のスタイルとは異なる独特な神社になっている。

稲荷神社

2018年01月04日 稲荷神社 日南市 lat:31.62301,long:131.36088

飫肥の城や神社といった公共の場の門松はしめ縄と合体した大掛かりな飾り付けになっている。 葉のついた大笹2本を立て、 松の薪を蔓で束ねて3方から支えてある。その上に門松同様にナンテンやら松葉やらが賑やかに飾ってある。 横に渡した大笹に縄飾りが取り付けられ、 真ん中にダイダイ・干し柿・ウラジロ等を飾る。

五百禩神社

2018年01月03日 五百禩神社 日南市 lat:31.63085,long:131.35431

五百禩神社の建物は何年か前の台風で被害を受けたのが再建された。 再建されてから年を経て少しは馴染んできたが、 屋根がピカピカなのは相変わらずのようだ。 建物の左側奥に仁王像が雨ざらしで立って伊東藩主の累代が眠る地を守っている。 仁王像は別のお寺にあったものを、 ここがお寺から神社に変わるときに持ち込まれたという逸話がある。

弥五郎どん

2018年01月02日 弥五郎どん 日南市 lat:31.63085,long:131.35431

田上八幡神社の正月を楽しむ弥五郎どん。 境内に仁王立ちして、 里帰りしてきた親子連れの記念撮影に付き合っていた。 この神社の駐車場は少し坂を登ったところにある。 だけど、 多くの参拝客はいったん階段の一番下まで坂を降りて、 そこから苔むした石段を一つ一つ登っていくのを好むようだ。

大手門

2018年01月01日 大手門 日南市 lat:31.62749,long:131.35184

空はすっきり晴れ上がり、 雲一つない元旦だった。 南九州であろうと、 内陸の飫肥の町で、 冬に朝から晴れ渡ると、 冷え込みが厳しく、 乾燥が激しい。 蝋燭の片付けが終わった後の朝の大手門には誰もおらず、 静かな元旦だった。 昼前には観光客が増えていき、 賑やかになっていった。


MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan